ときわあいめこブログ

めこめこびーむ

贈り物文化、好きですか?

こんにちは、あいめこです。

 

ずっとしたためていたブログをば。

 

なんてことないブログではあるんですが、

皆さん、贈り物は好きですか?

 

どちらかというと贈る側。

私の場合ですね、好きでもあり、嫌いでもある。

 

どっちかというと苦手だなと思う場面が多かったと思います。

 

一番苦手なことで言うと、出産祝い。

だってこれお返し大変なのわかってるから。

赤ちゃんが新生児の間、1ヶ月の中で半額のものを返す。

そんなのしなくていいのに。

渡したいから渡すので。

 

次に苦手なことで言うと、バレンタイン。

お返しに気を遣わせるのに、心の底から楽しめないような感じ。

ちなみに今年はお世話になってる弁護士さんだけ渡した。

弁護士さんはお返しに迷ってアマギフくれたw

嬉しかったw

 

まあそんな具合で、何かを渡すのは好きだけど、「返さなきゃ」と思わせるのが嫌だなという気持ちでした。

 

 

値段のことも考えないといけないし、お返しはいらないというポーズも必要で、

恋人であればそこで愛情を少なからず測ってしまう自分もいて。

 

ただ、受け取ることはとても好きで、でも返せない程度の恩はあまり受け取らないようにしたり。。

と。

 

「ありがとーーーーー!」でなんだか素直に受け取れなかったです。

返さなきゃ!の気持ち。

 

そんな贈り物文化がどうも苦手だった私ですが、ここ最近去年あたりに純粋に「贈り物文化、好きだな」と思えるようになったのです。

 

なんの本を読んでそう変わったのか忘れちゃったんですが、贈り物文化の中には日本の独自の心情があるものがあるよという話で。

 

例えば、お中元とか残暑見舞いとかって日本しかないそうです。

 

私のところにもたまに、お中元でビールを頂いたりゼリーを頂いたりするんですが、実に涼しげで、もうそんな文化を重んじるなんてちょっと古いんじゃないかと思うほどのやりとりではありますが、なんだか背筋が伸びるような気がするのです。

 

あと、季節物のイベントって、冬に多いじゃないですか。

お正月とか、クリスマスとかね。

 

そんな中、一年の半ば、暑さにやられている中で少し思い出していただけるととても嬉しくなるのです。

こういう言い方をするとちょっと病んでるのかと思われそうですが、気を遣ってくれている感が嬉しいといいますか。

 

大人になると、学生時代の友人になかなか会わなくなったり、ましてや今はSNSで自由に自分がいたい人とすぐに仲良くなれる時代なので、こういうやりとりもちょっと億劫になってしまっていたかもしれません。

 

年賀状だって送らないしなあ…。

 

でも、ふと「この人のおかげで今の自分がいるんだ」と強く思う時が増えたのです。

 

昔は自分1人で頑張ってここまできたと思っていました。

けれども、人生が長くなるたび、助けてもらう人が増えて、「感謝して生きる」ということを覚えた時、不思議と、この贈り物文化が嫌いじゃなくなったのです。

 

贈り物をして、ありがとうと伝えて、

もしお返しを頂いたならありがとうと言い合って、

そういう物を通じてのコミュニケーションもわかりやすくていいなと思ったんですよね。

 

もう一つ、素直に「好かれたいな」と言えるようになりました。

だから、仲良くなりたいから、ちょっとした贈り物を準備してみる。

消耗品で選んだり。

これは相手を大切に思っていることをわかりやすく伝えたいから。

 

どうしてもテキストで簡単に便利に連絡が取れてしまうし、SNSで見ていたらなんだかずっと会っていないことも忘れてしまって。

 

もっと生のコミュニケーションに贈り物はうってつけかもしれません。

 

 

あ、あと私が贈り物を嫌っていた理由に、例えば何年も送り続けられるわけじゃない誕生日プレゼントをこの1年だけ贈っていいのか?というのも迷いとしてありました。

これに関しても考えすぎてたなって。

その時々の気持ちも距離感もある。

 

もっと贈り物文化をポジティブに捉えて、「ありがとう」を伝えるだけでいいのかなって。

 

手紙とかね、ご飯とか。

そんなんでもいいしね。

 

贈り物文化を楽しめる人生、たくさんの時間を見返りなしに誰かのために使う人生を歩んでいきたいです。

 

 

贈り物、お酢もおすすめだよ。最後にw

相手が負担に感じない、もらって嬉しい消耗品に美味しいお酢を久しく会っていない方にぜひに。ギフトボックスおすすめです。

 

では今日のブログはこの辺で。

大切な人やお世話になった人、家族、友達に、軽い贈り物をぜひ。

心が豊かになるです。

生理前不調のPMS、PMDDに悩む女性へ。全ての男性へ。ほぼ全人類へ伝えたいことがあるます。

こんにちは、あいめこです。

 

今回は、私があるプロジェクトを周りの方々と頑張っていて、頼むから知って欲しいという気持ちでブログを書きます。

 

このプロジェクトは本日からです。ほやほや!!!!!

 

私って、「バズの女王」と、Yahooで紹介してもらったくらいバズらせることが好きなんですが、

一番よく過去のバズで言ってもらえるのは、「命の母ホワイト」です。

 

生理前に起こる身体の不調をPMSというのですが、腹痛、腰痛、頭痛、眠気、イライラするなどなどの嫌なことが約1週間続きます。

 

この生理前の期間って、一言でいえば「ぐっちゃぐちゃ」です。

なんにもないのに涙が出てきて悲しくなるとかやばくないですか?

 

そんな中私が、PMDDというPMSのひどいバージョンに悩み、命の母ホワイトに助けられたというものなんですが、このツイートで私が有名になったから嬉しいとかそういうのはあんまなくて、一番嬉しかったことは、

 

「私が生理前に具合が悪くなったり、落ち込んだりするのはホルモンのせいなんだと知りました」とDMをたくさんもらったことでした。

 

 

ちなみにPMSの症状って200種類くらいあって、女性の7〜8割の方PMSの不調に悩まされています。

生理前なんであんな眠たいねんwww

 

私の生理前エピソードを語るとドン引きしちゃうと思うんで軽いものから話すと、

まず第一にクッソ眠い。

男性に伝えたいんですけど、睡眠薬飲まされたか?ってくらい眠気と戦ってます。

 

次に私の場合は腰痛い。

生理中より生理前の方が腰の下の方痛いんですよね。

 

私はミレーナという器具を子宮に入れて、生理自体を仕事に響かないよう軽くしているんですが、ピルをとるか?仕事のしやすさをとるか?で私は仕事のしやすさを取りました。

なんだその二択(これは仕方ないけど)

 

それでPMDDがあるので、普段は漢方を飲んだり、命の母飲んだり、いつもよりしんどいなと思う時は病院へ。

 

これが毎月です。大体月の半分生理に振り回されています。

 

悲しくて悲しくて、何も楽しくなくて、身体は不調で、何度これがなくなったらと願ったか。

何度、生理が始まったらお腹の痛みだけになるからと我慢したか。

 

PMSは最近ちょっと名前が知られてきましたが、それでもまだまだです。

うちの母はPMSを知りませんでしたし、「娘の生理前の自殺願望はメンヘラのせいだ」と思ってました。

 

でも、実際私も自分がPMSひどい人って25くらいまで知らなかったんですよね。

というか「PMS」という言葉も知りませんでした。

女性でも知らない人が結構いるんですよ。

男性は、もっとご存知ないかもしれません。

 

ここで言いたいことは、「可哀想でしょ!」とかそういうことではなくて、悪いのはホルモンのせいだよね と全員が知ることが本人にも周りの人にとってもいいのでは?ということ。

 

女性同士、助け合って生きていければいいし、男性も「メンヘラ」って軽く言わないでほしい。

 

個人の問題じゃなくて、ホルモンのせいなんだよねってみんなが知れば、周りにもっと優しくできないかなと思うわけです。

夫婦間でも気軽に「生理前でつらくて」って言ったら「ホルモンが悪さしているのか。休もう!」とか、女性同士だったらもっと気軽にPMS話できたらよくない?と。

 

さて、今よく聞く女性の健康問題「フェムテック」。

今は時代の転換期だと思います。

 

うちの会社では男性メンバーは1人しかいなくて、他は全員女性です。

女性が活躍できる社会にしたいと思っているし、女性はとても優秀なのですが女性の健康問題によって生じる損失もあるのではないでしょうか。

 

データから見てもとても如実で。

例えば女性の社会進出に伴い、PMSが仕事のパフォーマンスに影響を与えることもわかってきました。

日本医療政策機構が2016年に実施した「働く女性の健康増進に関する調査結果」 によると、PMSを含む婦人科系疾患を抱えながら働く女性の年間の医療費支出と 生産性損失を計算すると、

医療費支出が1兆4,200億円、

生産性損失が4兆9,500億 円となり、

少なくとも6兆3,700億円の経済損失があるといわれており、社会における大きな課題であることは言うまでもありません。

 

そして、私のPMSの辛さをわかって欲しいな〜とか、常日頃ずーっと考えていましたら、岐阜県にある会社さんで「女性の悩みに特化した商品を作りたいので相談させて」とご連絡がありました。

 

社長さんは男性の方で、生理の辛さで会社を休みがちな女性社員さんのことをしり、「男、なんも知らなすぎだろ…!」と衝撃を受けて商品開発に踏み切ったそうです。

 

男性の社長さんだったので、「PMSの辛さを伝えられるのってもう私やないか」と思い今回タイアップということで動くことになったんですが。。

 

もう商品の開発って本当大変ですねwwwwwwwww

 

これはもうここに書き切れないんですが、私も今回タイアップとしてご依頼いただいたスタージャパンさんも、周りの携わってくださった方も本当に大変でした。

 

このクラファンだって、本当は4月にやる予定でした。

 

いろんなことがあって、ここまで遅くなったのです。

みんながそれぞれ精神的にギリギリになりながらやっとやっとクラファン公開までたどり着きました。。

 

本題に入りますと…!

今回のプロジェクトでは、PMSに悩む女性のためにPMS手帳を私あいめこがプロデュースしました!


PMSの際にその時の気分を書けるPMSオリジナル手帳です。

毎月の変化をメモすることで、心構えもできるし、スケジュール管理も楽になります。

「こういうのがあったらいいな」とずっと思ってて、えつをにデザインをしてもらって、できたもの。感極まるぜ。

 

たとえ、その日の気分が悪くてもテキストにすることで、苦しんでいる自分すら許容してあげてください。

もう一つ、こだわったのが、日記って続かないんですよね。

だから「続きやすいサイズ」にしました。

簡易的に気分とかも書けるような。

受注生産になりますが、おすすめです!!!!

少しでも「あ、これ自分の本当の姿ではなくホルモンだな」って思って、自分を好きになってください。

 

さらに今話題のCBDを配合した「Micocohi」もキービジュアルとして、携わらせていただきました。

 

女性の悩みに特化したCBD美容商品で、毎月自分らしく少しでもリラックスして過ごせるようにという気持ちを込めて作られたこのブランド。

 

CBD商品って今めっちゃ流行ってるんですが、Micocochiは女性特有の悩みに特化しているのが大きな特徴です。

 

先日行われた東京ビッグサイトでの展示では、1700名の来場があり、いかにみなさんが毎月悩んでいるのか、CBDに注目しているのかを目の当たりにしました。

 

手書きで大量に感想ももらったんですが、私が感じたこととして、「今女性の多くが、我慢しているのだ」ということです。

 

こちらは、「生理前の不調をなんとかしたいと思いますか?」というアンケートです。

 

9割以上の人が、生理前の不調をなんとかしたいと思っていると言うことは、今現在我慢と、忍耐でなんとかしようとしているということになります。

 

そんなの、しんどいよなと。

身体のことなんでもちろんどうしようもないです。

 

そんな女性のことを考えてMIcocochiに携わらせていただいています。

Micocochiってただの商品ではなく、社会に訴えかける商品です。

広告を回して売れることもひとつなのかもしれませんが、ずっとスタージャパンさんは「クラファンをやります」とおっしゃっていました。

 

クラウドファンディングというプラットフォームを通じて、まずは「こんな想いを持っている商品がある」と知ってもらい、時代の転換期をみんなで応援することを今回の目的としています。

 

初めてのクラファンではありますが、8月1日今日からお安くお買い求めいただけるようになっているので、ぜひ女性特有の不調に悩む方や、このプロジェクトに賛同していただける方、そして、パートナーへのギフトにも。

 

私自身、初の試みなので、正直どうなるんだろう?と不安しかありません。

 

でも、全ての女性の更なる可能性に絶対的な自信があります。

 

クラファンの詳細

https://camp-fire.jp/projects/view/564287

 

さて、このようにとにかく女性の悩みや生き方に寄り添う、史上初の女性の悩みに特化したCBDブランド、Micocochi。

 

女性が使いやすいようにこだわって開発した商品。

もう最高かな?w 私もこの3つの商品を持っていますし、使っています。

 

それでは、3つの商品・リターンを紹介します。

女性ならではの悩みをケアしたい方要チェック!

 

ティンクチャー

『天然由来成分を使用した 、CBD配合のオーガニックMCTオイル』

Micocochi商品の中でも一番の大注目商品!

 

女性の悩みに特化したCBD商品ということでビューティーワールドでは3日間で1700名の方が試して、250名の口コミがおきた今大注目の商品です。

 

このティンクチャーはこんなに味がしないものなのかと個人的に驚いたやつ!

飲み物に入れてもいいし、1日頑張った自分へのご褒美にも。

 

ボディケアオイル

『天然由来成分を使用した コスモス認証のアルガンオイル配合』肌を潤す5つの植物由来オイルを加えたCBDボディオイル。

私は肌の保湿やマッサージ用オイルに使ってるよ〜。

 

 

 デリケートゾーンクリーム

『高品質CBD配合 、デリケートゾーン用保湿クリーム』

肌を整え、潤いを与えるCBDを配合したデリケートゾーン用保湿クリーム。

デリケートゾーンクリーム流行ってるよね。

VIOの脱毛後にもいいし、デリケートゾーンクリームでCBDが配合されているものは珍しい!



 

クラファンの商品の中には、超早割で30%オフになる商品もございます!

そして、ご支援頂いた金額はCAMPFIRE手数料、商品開発費用、リターンの発送にかかる費用に利用させていただきます。

それ以外にMicocochiでは女性の社会参画を支援、応援させていただきます。

クラウドファンディングでご支援頂きました額の一部をPMSに対する社会の理解を深めるための啓蒙活動に使用させていただきます。

もう一点、クラウドファンディング後の商品の販売活動において、売上の一部を女性の社会参画支援のNPO法人への寄付いたします。
NPOの寄贈先と額については決定次第当ページでご報告させていただきます。

 



私自身、クラファンって初めてで、思い悩むこともたくさんありました。

みなさんからご支援してもらう意味とはなんだろうかとか、私がこの活動を全面に出していいのだろうかとか。

 

ただ、女性が心地よく過ごせることが増えるのであれば、1人でもこれが刺されば、それだけで嬉しいです。

 

全ての女性が、毎月忍耐の中過ごしている中、少しでも心地よく過ごせることで世界は大きく変わるのではないか。

 

大袈裟なんですけど、私はそれくらい女性の今後の社会進出を応援していて、「知ってもらうこと」に今回は重点を置いています。

 

ぜひ、応援RTをいただければ嬉しいです。

悩んでいる人に、1人でも多くの人に、届きますように。

 

クラファンはこちらから。どうぞよろしくお願いいたします。

また支援してくださった方、お礼に参りますのでメンションの方をどうかよろしくお願いいたします!!!!

https://camp-fire.jp/projects/view/564287

クラファンに挑戦しています。商品作るって大変だね

 

こんにちは、あいめこです。

 

結構前からなんですが、とある会社様と共にクラファンに挑戦するために動いているよ という報告のブログでも書かせていただこうかなと思います。

 



CBDの成分が入ったティンクチャーオイル、ボディーケアオイル、デリケートゾーンケアクリームです。

その名もMicocochi。

 

このMicocochiに関してアンバサダー的なポジションとSNSを見させていただいるのですが、結構ガッツリこの商品に関して前に出てアピールしている理由が、

 

この商品って、女性特有の悩みに特化したCBD商品なんです。

 

命の母ホワイトから、まじでPMSやばい人がいるよ とご依頼いただいた流れ。

先に言うと、こういうクラファンすると、金の回収だ!と思われるかもしれませんが、特にたくさん売れたから私が儲かるとかはなく、困ってる人のためのいい商品だな〜といつも思ってます。

 

さて今回商品が開発されるくらいのところからサンプルが上がってきたー!くらいの時もずっとこの商品を見てきましたが、正直めっちゃ大変でした。

 

・厳しすぎる薬機法

・高騰するCPA

・そもそものCBDのイメージが悪く、CBDが一般層まで広がっていない

 

などなど。

 

私含めいろんな会社さんが、壁にぶつかり、どうしようどうしよう と進めてきたこのプロダクト。

 

まーじで大変だったと思うのですが、商品化できて、クラファンまで辿り着けたのは、ただ一つ。

 

「女性の辛いPMSの時期に、少しでも自分らしく生活してもらえればいいよね」

 

と、この一心でした。

 

私自身が相当に辛い経験があり、体の苦しさも、生きづらさも感じてきているので、共感してもらえればいいな と思いながら、打ち合わせの日々です。

 

 

ここからはちょっと、私がこの商品に携わって感じたことをば…。

 

女性って、本当に大変ですね。

 

性差をあまり言及しない方がいいんですけど、女性特有の辛さが、理解してもらえない。

PMSPMDDに関して、最近やっと広まってきたくらいで、症状も100を超えるため、それがホルモンバランスなのだと、本人が気づいてないパターンもありますしね。

 

家のこともやらなければならない、育児もしなければならない、仕事もしなければならない、そんなとにかく忙しい中、

目に見えないホルモンバランスで、自分の体調や心身の状態が悪くなる。

 

誰が悪いわけでもなく、ホルモンバランスが悪いのに。

 

人は頼れない、自分でなんとかしなきゃいけない。

そんなことがいっぱいありますよね。

 

ピル飲めばいい と簡単に言われることもありますが、飲んでてもしんどい時がありますし、

私はミレーナを子宮に入れて、漢方を飲んで、点滴しても、しんどい時があります。

 

そんな時にお守りがあればどんなにいいか。

 

綺麗事だけでは社会が守ってくれない、もう少しの間こんな商品があればいいな は結構な人が思っているのではないでしょうか。

 

 

先日のビューティーワールドジャパンの3日間、Micocochiブースに来てくださった方は1700名。

 

本当にありがたかった。

 

 

クラファンですが、7月の最終あたりを予定していますが、価格は3000円台から準備しています。

 

初の試みですが、もっともっと女性が自分らしくあれるように、

Micocochiも自分の事業も邁進できれば。

 

いや〜〜〜〜〜〜〜

 

クラファンって初めてなので、緊張しますねえ。

 

生理前、キツそうな人いるわ ともし思い浮かべば、ぜひすすめてあげてください。

 

また、このような取り組みに賛同してくださる方の応援コメントをくださるインフルエンサーさんも募集してます。

 

コメントしていいよというインフルエンサーさんいらっしゃれば何卒。

 

また、進捗報告します。

憧れの、【出版前重版】できませんでした。

f:id:aimeko:20220606192616j:image

こんばんは、あいめこです。

 

サラッとブログ書きます。

 

まず、よくある【出版前重版】になりませんでした。

(ザマァ!!!という引用RTお待ちしてます。)

 

出版前重版。

憧れのやつです。

 

あれってようは、出版前にこのくらいの部数でいこう!って決まっててそれを上回って重版!!

 

になるんですが、

めちゃくちゃかっこいいですよね。

 

私もあれに憧れてたんですが、実は私の本って色々と前例がないこともあったり読めないよねってことで初版部数が最近まで決まってなかったんですね。

 

ただこのくらいだろう という新人作家の平均的な数字を思っていました。

 

それでもしかしたらもしかしたら販売前重版、、!!キャッ////みたいな。

 

 

それが、最近、えぐいくらいに予約が入り、企画会議が緊急であったそうで、

 

初版部数を当初の予定の2倍以上のとんでもない数で刷ることになりました。。。

 

これ私の目標で重版がかかって◯万部!みたいに掲げてましたが、

 

皆さんが予約してくださるから、、

皆さんが応援してくださるから、、!

 

とんでもない数の初版です。

もう当初の目標を超えてしまい、新たな境地に突入しています。

なんということでしょうか。

 

大丈夫でしょうか、主婦と生活社さんは。

 

とち狂っ ……

 

いやいや……

 

主婦と生活社さんほんとに大丈夫……?

 

いやいや……

 

とにかくこれも皆様が応援してくださったおかげです!!!

 

出版前重版にはなりませんでしたが

とんでもない数の量が刷られましたので

まず売り切れることはありません。

何冊でも購入してください。

 

 

さて、明日なんですが、

皆さんに出版前サプライズお知らせがあります。

 

こちらもお楽しみに。

 

誠に誠に

ありがとうございました!!!

 

出版楽しみね。

昨今のブロガーやインフルエンサー、経営者の出版ラッシュについて

 

こんにちは〜

あいめこです!

ついに、出版をお知らせできました。

 

昨日はみなさんが本のツイートをRTしてくれたり、引用してくれたり、優しい気持ちで拡散してくださり、ちゃんとAmazonでランキングに載ることができました!

 

Amazon総合本ランキング5位

Amazon新着ランキング4位

Amazon人気度ランキング1位

Amazon金融・ファイナンス部門1位

 

です( ;  ; )うお〜ん!

 

ここまでいくとはマジで思ってなくて、出版社さんとプロデューサーさんのグループチャットでは「やばい!」「すごい!」とかの一言がただ飛び交っていましたw

 

本当は、出版しましたよ〜みたいなブログは準備してたんですが、反応がすごすぎて、ちょっと引っ込めて…

 

今日この早朝に、「本を出すとは」について書こうと思います。

 

昨今、あの人も、あの人も、本出したな〜みたいなのないですか?

一番に思い付かれるのが、マクサン本だと思います。

しょこたんと競り合ったあのマクサン本はライティング本の中でも驚異的な売り上げを予約段階から叩き出し、予約段階から重版です。

 

そして、ちょっと前になるともうこれは私たちの間では伝説なんですが、ヒトデさんの副業本が凄すぎたんですよ。

あれは詳しくはいえませんが、マジですごい数です。

 

かっしーさんの本もすごかったですね。いやかっしーさんは全てがすごいんですが。

 

あの人もあの人も本を出している!流行っているのでは?

と思いますよね。

 

これ種明かしすると、紙の本って今売れない時代だと言われています。

なので、作者に影響力があると、出版社さんが「是非是非!」となるんですよね。

 

私の場合は、プロデューサーさんが繋いでくれたので、懇願されたとかそういうわけではないんですがw

 

全ては、紙って売れにくいこの時代とSNSの掛け合わせが今のブームになってるわけです。

 

実際にここから出版裏話を書いていこうと思うんですが、これ出版っていろんなパターンがあるので、私は の話として聞いてください。

 

まず、ガチで私が全部書きました。

いやこれ、私が知っているブロガーさんやアフィリエイター全員そうです。

たまに対談形式で文字起こしする本もあるっちゃあるんですが、ガチで全員書いてます。

 

ゴーストライターなんてなくて、「はいどうぞー!書きましょうー!」です。

 

ここで、一つの関門が我々結構な人がSEOで記事を書き慣れてるので、テンポ重視の文章を書いちゃうんですよね。

特に私なんてなかじ流ライティングなので、一文のなかで一文字でも削る方法をとっています。

 

なので、本で一節、一説なライティングってまじで難しいんですよ。

あと普段の私のTwitterを見てくださっている方だとご存知かもしれませんが、これもSEO

の影響で、説得力を持たせるために強く言い切ってしまう文章で、これもかなり修正指示いただいたと思います。

 

ワードプレスに入稿するわけじゃないから後から修正もできない、許可取りや、整合チェック、ととにかくタスクがありすぎるのと、本書くのってマジで大変でした。

 

これなんでみんな言わないんだよ と先に出版されたみなさんにブチギレていますよ。さらっと本出しすぎなんよ。

もっと、本だしたらぶちぶち言うアンチにブチギレていいよ?すごいんだよ、本は。

みんな優しすぎるだろ。

 

私なんて去年の夏?かそれくらいから出版のためにプロデューサーさんに動いていただいていたのですが、4月には本当は店頭に並んでいる予定だったのに、私がダメすぎて6月まで発売延期になってますからねw

 

Twitterについて一冊書きましたが、何万字とか書いたの初めてで、構成もめっちゃ変えて、なんなら今まだ書き終わってないですからね。(カス)(ごみ)

 

1月は2社目の立ち上げがあって、私自身移動が多いので、「いつ書くねん」「売れるのか?」と本の執筆正念場は泣きそうでした。

いや泣いていた。

 

なんでこういう大変だったっていうのを先人は教えてくれなかったんだよ(再び)。

さらっとやりすぎだろ・・

 

マクリンさんともよく本のことを話していて、マクリンさんも吐きそうになりながら寝ずにプレッシャーに押しつぶされながら書いていらっしゃったのですが、出版ちょい前に会いに行った時には

「大丈夫!あいめこ本は絶対売れる!俺が保証します!」と書き上げた後のさわやか笑顔で約束してくれました。

あれは校了した後の人だからできる笑顔だなあ・・w

 

これぶっちゃけの話するんですけど、本って大きく儲かりません。

自分でこれくらい売れたらこれくらい〜って計算したことありますが、渋いです。

それも全てわかった上で、みんな書いているわけです。

 

あと今の時代1万部いったら超すごいですよ。

 

つまり本を出すことに対してお金以外のそれぞれの想いがあるわけですが、これは私の場合ですが皆さんに私の成長した姿を紙で読んでほしい、手にとって欲しいという気持ちから頑張りました。

 

本って、1000円とか2000円とかでこんなに自分の全てを出し切るってすげえなと思うわけです。

1000円2000円で人生を凝縮したものをインプットできるって、すごくない?

こんなに労力がかかって!この値段で!作者が吐く思いで書いたものを読めるってやばいんよ。

 

情報商材もいいけど、みんなぜひ本読んで欲しい。

本一冊にたくさんの人が関わってて、やばすぎる労力で書き上げてるので。

あと自分のことは置いておいて、今の時代に紙の本が出せる人ってやっぱ周りがどれだけ僻んでも大物ですよ。

 

こっからちょっと本の中身の話をば。

正直、寝ずに、4度構成を変え、半年間書き上げました・・

遊びに行かずにずっと本書いてて、「これ誰が読んでくれるんだろう大丈夫かな・・」とずっと震えていたのですよまじで。

 

そして、この本のこだわりポイントとして、よくあるSNSはノウハウ本ですが私の本はノウハウ本ではなく、「根性!笑い!涙!」のエッセイ本にしたのも理由があって。

 

個人的に小手先のテクニックはあっても、SNSとは人と人がつながる大事なプラットフォームで、ノウハウに寄りすぎている昨今の風潮が好きではなかった というのが大きくあります。

 

あとは全ての失敗談を書きましたので、人生の絶望の瞬間がたくさん書かれていると思ってください。

あの時のたくさんの失敗や挫折や努力がこのような形でまとまって本当によかった…。

無駄じゃなかった…。

 

ちなみにノウハウとエッセイを組み合わせた本というのはSNS本の中でも史上初だと思います。

主婦と生活社さん自体ビジネス本のイメージはああまりないと思うのですが、いろい

ろ出版社さんにとっても初が詰まっています。

そして本の中では全て私の経験則で、目の前で起こったことを過去を振り返りながらお話ししています。机上の論理がひとつもありません。

 

↑これは色校チェック中

 

あとは誰が興味があるのかと思いながらですが、波瀾万丈だった人生を書きました。

一番に読んでいただいた方には「よく生きてましたね」と感想をいただき、なんだこれすごい本ができちゃったんじゃない????

 

とビクビクしちゃいましたw

 

内容ですが、

・私の人生のお話や稼げなかった頃の生活の話、

Twitterを使ってお仕事を探す方法

Twitterを使ってバズらせた方法

Twitterを使って物を売る方法

Twitterを使って事業を作る方法

 

を詳しく解説しているとともに、「信頼」「信用」「実行力」この辺にもフォーカスしていますので、Twitter以外にも人生軸として少し語っております。

私がすごいというよりも、これらの私のマイルールに従い、人と関わりながら努力し続けてきました。



人生色々。

子どものおむつ高かったな〜とかミルク高かったな〜

あの方が仕事くれたな〜とか、あんなアドバイスくれたな〜とか

これを失敗したな〜 とか泣きながら書きましたが、

 

もう本当に紙の本は書きません。

 

大変すぎましたし、もうネタがありませんw

全てを出し切りました。

 

なんか普通に泣ける本にしあがっちゃったんですが(本人が言うな)

ぜひ、「今人生このままでいいのかな〜」とか「SNS使っていかなあかんな〜」とか「あいめこってどうやって稼いでるんだ?」という人は買ってください。

 

私今まで情報商材売ったことなかったですけど、このタイミングで。

 

みなさま、買ってください。

 

どうぞよろしくお願いします



そして、前置きはこの辺に。。。。ここで伏線を回収するわけですが、大きく儲からない本を半年がかりで書いたのは皆さんに伝えたいことがあるからです。

 

それは、本を書きながら半年間ずっと思っていたのですが、あいめこを愛してくれて応援してくれて本当にありがとうございました。

 

 

↑soloさんの昔の先見の明

 

4、5年前から期待してくださり応援してくださった方はお待たせしました!としか言いようがありません。

 

偉そうに本では自分の功績のように語っていますが、私があいめことしてフリーランスとして活動し続けている中で、本当にたくさんの方に助けてもらいました。

 

アドバイスをいただいたことも

お仕事をいただいたことも

励ましてくれたことも

お友達になってくれたことも

いつもTwitterで仲良くしてくれる人も

 

本当にありがとうございます。

 

正直、この本を書くまで確かに自分はちょっと成功を掴んだのかもしれませんが、それでも自分が空っぽな人間なのではと思ってたんですね。

 

でも、本を書き終わって今思うのはここまで来れたのは周りの皆さんのおかげに他ならないということです。

 

当たり前ですけど。

 

空っぽだった自分のかけがえのない財産が皆さん1人1人です。

 

みんな幸せになってほしい

嫌いな人なんて1人もいない

 

今このような状態です。

 

特にお世話になった方も沢山いるので、一人一人お礼を言って回りたいです。(これはいずれ必ず)

北海道から九州までみんなみんなみんなです。

 

本当に本当にありがとうございました。

 

本にもちょっと書いたのですが、今後の私の目標とするところは、働きに出にくい方、職に困っている方、シングルマザーの方などの雇用を沢山うむことです。

 

それが今の私の目標であり、天命であり、社会的な使命なように感じていて、皆様からの愛や応援、励まし、諸々全てをありがたく、次の困っている方に回します。

 

本を書くのは、血肉を削る思いで書いたのですが、1人でも多くのお世話になった方に「おっ!あいめこまだ頑張ってんね」と見てもらいたいというのと、今後の新たな出会いや雇用に繋がれば幸いです。

 

本の宣伝と、お礼が一緒になってしまって大変申し訳ないんですが、これが私の正直な気持ちです。


最近の悩みとして、昔は何もできなかった私を応援してくれる人がほとんどだった中、ここ最近はちょっと僻みを受けることもちらほら出てきました。

僻まれる側の人間になったというのはそれはそれで一歩ステージが上がったのかもしれませんが、、もっと圧倒的な女性経営者になります。

 

敵がいないほどに、周りの方への感謝を忘れず、私が一番になります。

「あいめこさん好きなの?センスいいね」って私を応援してくださる方は言ってもらえたり、私がもっと周りにいい影響や雇用を作りたいな。

 

本、楽しみだね。

ではでは。

 

 

インスタのフォロワーが500人ですがSNSのお仕事で総年商が1億を突破しました。

こんにちは〜あいめこです。

 

ちょっと雑記をば…。

 

先日、株式会社witheraを立ち上げて1年と4ヶ月になりました。

withera以前はメコラボとして、その前はフリーランスとして、思えばSNSを使った仕事自体は3年ほどとなります。

 

みなさんご存知の通り私はTwitterが好きでTwitterの中で呼吸をしているような人間です。

最近インスタの運用代行のお仕事が増えて、インスタのことも多少詳しいのですが、やっぱTwitterが好きです。

 

はてさて、そんな私のインスタのフォロワーは500人程度。

いやよくそれでインスタの運用代行の会社やってんなあと思うんですが、うちは運用代行として打ち出したのが2年前とかなり早い方だったので、もっと少なかったかと。

 

えつをと私の2人だった頃はえつをもインスタは当時あまり詳しくなかったので(今はもちろんめちゃ詳しいですよ)、2人でてんやわんやしながらインスタの代行をさせてもらってました。

 

当時2年前といえば私もえつをもインスタは詳しくなかったし、周りに運用代行の会社がほぼなかったので、価格もかなり安く、今受けさせていただいている半額以下の値段でほぼ利益もない状態でずーっと試行錯誤しながら経験を積んでいました。

 

2人とも寝ずに、わからんわからんと頭を悩ませていたあの頃・・

 

それでも力任せにやりながら、段々とインスタですでに何万人とフォロワーを抱える人をメンバーにお迎えし、さらに経験を積んで、多分2年で100近いアカウントをwitheraや個人名義で見てきました。

全てのアカウントに本気で向き合ってきたので、

デザイン

訴求

コミュニケーション

アルゴ

など、強くなったかな。

 

今現在は50アカウントくらいが同時進行で走っているけれども、その中からデータやノウハウが溜まり、でた利益で分析班を作り、自社のノウハウを固め、えつをは仕組みの強化、私は頭を下げることと求人集客と段々大きな組織になったのが今です。

 

あとは運用代行以外の私個人のSNSを使ったマーケ周りのお仕事もしてます。

 

数えきれないほどの失敗をし、うまくいかなかったことがほとんどですが、私ができないことを周りの皆さんに支えてもらって、私自身も全てのアカウントの質を担保する重要な役目を担っているので、分析班とともに毎日勉強し続けたという感じ。

 

今はかなり詳しいですし、数字のデータもたくさんで、自社のマニュアルもたくさん仕上がりました。

というより詳しくならないと、業務委託でお願いする場合工数や負担がわからんので、ここはちゃんとしないとね。

 

ただここまで聞いてもらうと、お分かりかと思うのですが、私自身のフォロワーが500人のままやないかいとw

 

でも、私は常日頃から思っているのですが、社長が現場の仕事が誰よりもできる必要性ってありますか?と。

私の仕事ってそこじゃないので、会社にたくさんのプロがいる でいいわけです。

 

日本でトップクラスのデータを持っていると思いますし、雇用もたくさん作ってきました。

 

今できることを突き詰めたら、自分のアカウントがおざなりになった結果ですよね。あと人のアカウントやりすぎて、ずっとここ一年半、二年忙しかったです。

 

よく副業したい人に「これは興味があるけど、プロレベルじゃないんですよね」と言われます。

 

どうして、プロレベルじゃないと仕事を受けたらダメなんだろうと。

いや、もちろんある程度の知識と経験は必要で私もインスタに関してゼロから始めたわけではないですが、うちがうまくいってるのって私自身が「インスタのフォロワー多くないのに運用代行受けたらダメですよね」と言わずに「とにかくいただいた仕事は全てやりましょう」と人より一歩出すのが早かっただけなんですよ。

 

そして、私より詳しい方のお力を借りて、結果を出せばいいだけじゃないかと。

 

結果を出すだけです。

 

全てがうまくいいった!とは胸を張れないこともありますが、うまくいくよう全力を尽くしてメンバーの力を借りて、頑張ってきました。

 

とにかく一歩踏み出すのが人より早くて、勝ちを掴んだことがたくさんあるのでここは経験則。

 

思えば、私のフリーランス人生っていつもこうなんですよね。

オンラインキャバクラ立ち上げ、お金ないな ああ!zoom使おうとか。

パソコン使えないな〜アフィできないな〜 Twitterで仕事しよ とか。

サイト売りたいな〜でも売上ないな〜 人だけ集客させてプラットフォームとして売ろうとか。

 

できないけど、何らかの方法を見つけてきました。

そして全て結果を出してきたので、今そのとき自分が現場のプロである必要はいつもなかったかなと。

いやプロの方がもちろんいいけど、でも絶対そうじゃないといけないとかはないなって感じです。

報告書のチェックに関しては、分析担当者を通して、私がチェックして のダブルチェックです。

 

今ここもさらにクオリティーが上がるようマニュアル作成中なんですがね。

 

 

 

とはいえ、とはいえ!

今、そのマニュアルを強化してるんですが、本当にそれで伸びるのか検証するために自分のインスタを昨日本格的に動かし始めたんですが、2日で200人ほど伸びています。

 

みなさんが拡散してくださったことも大いにあり、このくらいしっかり伸びればいいマニュアルですよね。

クライアント様のアカウントもこのマニュアルを落とし込み、さらに楽しく伸ばせるよう、現場も楽になるようにいたします。

 

さて今年の目標はインスタを伸ばすことです。

マーケティングの勉強をさらに頑張って、もっと自分に知識がつけられるようにがんばります。

 

もう一つ気づいたこと。

これうまくいったの、周りのおかげももちろんあるんですが、私には「好きなことで生きていく」の概念が全くないです。

いつだって、できることを、求められることをやってきました。

辛くても好きじゃなくても、可能性があることなら一歩踏み出す。

そうして結果が出てきたとき、好きになれるのです。

 

さあ〜、仕事頑張ります。

てかインスタ頑張る。本気で。

 

応援してくださいませ。

 

SNS全てが本気で大好きです。パワー

 

休むってなに?という人へ

f:id:aimeko:20220409133800j:image

こんにちはあいめこです。

 

突然なんですが、つい先日急に呼吸ができなくなったことがありました。

 

健康体ワイ、パニック。

 

『!!!???( '-' )』

 

となって、結構まじにびびったんやけど(すぐ治った)、数日経って気づいたんですがあれちょっと疲れてたっぽいです。

 

まず前提としてこのストレスについて私が過去どういう風に思ってたかと言いますと、

①結果が出てないうちは休まないほうがいい

②経営者は休むのはちょっと恥ずかしい。休まない方がかっこいい。

③ストレスを抱えている人がいたらそれは普通に心配するし休んで欲しいと思っていた。

 

です。

なので、自分自身にはとてもストイックに、かと言って自分と他人は違うから他者へは休んで欲しいと思ってたというところ。

 

去年の末にがんだむさんから急に

『あいめこちゃんは休むことを覚えないといけない』とご連絡をもらい、

『気をつけます!』(???)(まだ休めるレベルじゃないよお)と思ってたけど、

 

結論、私知らぬ間に容量がパンクしてたっぽい。

 

で、これなんで気づいたかというと、私は休まないほうが絶対いいし私みたいな者が休んでいいわけがない!

と今まで一目散にやってきたわけです。5年とか。

 

それで今回も『なんか最近やる気が足りねえなあ!!?????』と思い、本屋に自己啓発本を見にいったらどの本も

・努力しろ

・やるべきことを明確にしろ

・夢や目標をもて

みたいな熱いメッセージが書いてるんですが、これがどうも響かんくなってるんよね。

 

努力→誰よりもしてる

やるべきことを明確に→超明確(なんならタスク溜まってる)

夢や目標→誰よりも熱いものあるぜ

 

なので、この類の本から学ぶことないというか。

 

それで、あれ??私が賢くなりすぎちゃったのかなあ、てへぇ!

って思ってふと、後ろを振り返ったら本棚に『人生が疲れた人が読む本』とか『休むこと』とかまぁなんかそんな本が並んでて、ちょっと心が惹かれたんですよ。

 

やる気を出さなきゃ!と思って本探してたのに、休めって本に惹かれるって、私も甘くなったもんだなあと思ったけど、ふと『もしかして、私が今やらねばならぬことは努力より休息?』ってなって。

 

誤解を恐れず言うと、こういう本読む人って大したことないことでも『疲れてるのがダメなんだ』とかで読んでそうだな とか前までは思ってました。

 

経営者のほとんどは異常なほど行動して努力してるので『休もう』みたいなこと言う人あまりいないと思うし私もそのタイプだったけど、もしかしてあの時息が吸えなくなったのはちょっと疲れてたのでは?? と。

 

思い返してみると、私今かなり頭パンパンな状態で、周りの意見や考えも取り入れようととにかく向上心がありました。

 

これを書くと、アドバイスいただいた方に失礼になるかもしれないけど、それを受け止められるキャパを自分の中で見誤ってたかと。

 

 

ここで、

努力しないといけないのか

休まないといけないのか

どっちやねん。

 

と思われるかもしれないんですが、これ自分なりに考えてみると、

休むことも努力の一環なんじゃないかと思うんですよ。

 

・いろんな情報を受け取りすぎている

・考えすぎている

・余裕がなく結果的に事業のスピードが落ちる

・他者に優しくできない

 

これら頭に余白がないからじゃね?って思ったんですよね。

 

努力厨な私はこれら自分が未熟だからでもっと努力が必要だ!

と思ってたんですが、そうじゃなくてこれら頭の余白を意図的に作らないとできないことなわけです。

 

じゃあ頭の余白ってどうやって作るの?というと休むこと に直結するんですが、

私ここも違ったなーと思ってたんですが、

『めこちゃん最近休んでる?』

と言われると

『休んでるよ!あそこもいったしここもいったし〜』みたいなのがぽんぽん出てきて、別に休んでないわけではないんよね。

 

だから自分は、なんなら休みすぎだ と思ってた。

 

でもこれも勘違いで、

遊ぶ と 余白を作る

は全く別物。

 

遊ぶのは楽しいし友達は大切。

笑ったり体を動かしたり、友達が少ない私にとってはかけがえのない時間です。

 

余白を作るのは立ち止まって、考えすぎているものを捨て、シンプルに思考を整える自分1人としか過ごせない時間じゃないかな と今は思う。

 

私はとにかく、お安めのお値段で個人の仕事は受けまくってるので、多売状態になって、常にタスクが山積みになるから、自分のことを考える という時間もとってこなかったし、疲れてるなんか思ってもみなかったです。

 

グダグダ書きましたが、これちょっと書くの迷ったのが、これを見てクライアントさんが心配しないかなあということです。

むしろ心配してもらうのが申し訳ないから今までこの事実を受け入れてこなかった説はあるけど、

仕事でパンパンでしんどい!という話ではなくて、頭の余白を努力不足だとあえて作らなかった自分の勘違いがあり、前向きな気づきなので、大丈夫でっす!!

 

また、私も経営者だからこの余白の作り方はわかるんよね。

・自動化する

・コミュニケーションコストの減少化

・薄利多売に気をつける

など。

 

あと週1回、遊びに行く!という休み方ではなくて余白を作ってみたりたまに何にも考えない日を作って、全てのノイズをシャットダウンしてみてもいいかもしれない。

 

そしてもう一つ、私がそろそろ精神的負荷やばいんじゃない?の考える自分のサインが、シンプルに物事を考えられなくなった時だなと思いました。

 

予兆としてこれがあって、

・不安になる

・論理立てて説明されないと納得できない

・直感や衝動的な行動に理解ができない

これらがあったかな。

 

私たちは基本的に直感で動く生き物なのに、複雑にしてるのも自分自身で、本来はシンプルイズベスト。LOVE & PEACEです。

 

次はこの予兆を見逃さず、立ち止まる勇気を持とうかなと思います。

 

 

自分の努力不足だーーーーーー!

と思うことで周りにもたくさん迷惑をかけたと思います。

仕事もプライベートも全て。

そして、周りができないことを同じく自分と同じ努力不足に思ってしまって心が狭かったなと。

 

自分に休息が必要なのと同じく周りにも休息が必要で、自分の価値観を押し付けず、生きていきたいですね。

 

 

こんな今更なことに気づいて恥ずかしいし、未だにこれを見た人が罪悪感を感じてしまったらどうしよう、、 と思いますが、

でも今回の気づきでよかったことが二つ。

 

・本当の意味で他人の心の疲れに気づくことができそう。

・自分がうまくいってない理由がわかり、このブログでみなさんに伝えることができた。

・またひとつ成長できた。

 

この辺です。3つやないか。

 

さっそく、明日は頭の中を少し余裕を持たせてみようと思います。

 

では、電車降りるのでこの辺で。

 

あいめこ